2歳差育児のコツ

【2歳差育児】しんどい疲れた。2歳0歳何がそんな大変か説明します

2歳差育児ブロガーのYOIKO(@nisaisa_ikuzi)です!

2歳差育児はしんどい
2歳差育児は大変

大変大変っていうけど、実際何が大変なの?!

2人目を妊娠中、そう思っていた私…。

が、2歳差育児がスタートしてからはすぐに理解しました!

YOIKO
YOIKO
なるほど、2歳差育児1年目はマジでしんどいわ。

今回は曖昧な表現ではあるものの、

やたら多用される「2歳差育児は大変」の内容を具体化してみました。

この記事を読めば、

  • 2歳差育児の何が辛く疲れるのか
  • 2歳差育児ママのリアルなお疲れ具合

をイメージすることができます。

YOIKO
YOIKO
事前に心構えをしておく、おかないでは大違いだよ!
これから2歳差で妊娠中!2歳差兄弟が希望!

そんなママさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2歳差育児は大変説はホントです

f:id:nisaisa-ikuzi:20200305132940j:plain

YOIKO
YOIKO
答えからいうと・・・・ハイ、そりゃしんどいですよ!

ただどんな年齢差であっても、育児が大変なのはみんな一緒。でもそれぞれの年齢差で大変な内容って違うはず。

つまり、

2歳差育児は大変=「2歳差は2歳差なりの大変さがある」

2歳差育児を始めて半年以上が経過した今、そういうことなのかなと理解しています。

何が大変なのか具体化してみた

f:id:nisaisa-ikuzi:20190923163622j:plain

YOIKO
YOIKO
ここからは私なりに感じる、2歳差育児が大変な瞬間を紹介していきます。

上の子の「ママ見て」攻撃

2歳半を過ぎた頃から上の子の

ママ見てー

が始まりました。

ママ見て一例

  • 靴下脱ぐの見て
  • オムツ履くの見て
  • ブロック積み上げるの見て
  • パンが面白い形だよ見て

 

内容は何でもありです

私も幼少期に「ママ見て」とよく言っていました。結局は大好きなママへの甘えなんですよね。あと「自分ができるようになった事」をママに見届けて欲しい、褒めて欲しいという想いもあるのかなと。

YOIKO
YOIKO
ココまでは子供によくある話。

2歳差育児ならではの「ママ見て」は少し様子が違います。

可愛い我が子の「ママ見て」ですが、2歳差育児になると下の子のお世話も必要になってくるので辛い時がたくさんあります!

2歳差育児のママ見て一例

  1. 上の子「ママでんぐり返しするよ見て」下の子ウンチ大量漏らして服汚れ
  2. 上の子「靴下履けるよ!見てて」下の子おっぱい欲しくて大泣き

私の視線が少しでも下の子にいくと「ちゃんと見てよ!!!」と上の子が怒り出すので大変。靴下を両足に履く間ず~っと視線を注がねばならず…。

YOIKO
YOIKO
わんわん泣いている下の子を抱っこしながら上の子の相手(上の子を見る)をしている毎日です。

オムツを替える回数が多い

f:id:nisaisa-ikuzi:20190916163206j:plain

上の子と下の子。

YOIKO
YOIKO
どちらのオムツ替えも必要な期間が長い!

これけっこう面倒な話なんですよね…。上の子は3歳1ヶ月でオムツがはずれたので「兄弟どちらのオムツも必要だった期間」は1年弱でした。

  1. 上の子は1日3~4枚
  2. 下の子は1日5~7枚

つまり多い時は、2人合わせて11回もオムツ替えしているということ!!

同時に替えるタイミングならまだしも、タイミングがずれた場合、「1日中オムツ替えしているじゃん…」という錯覚に陥ります。

YOIKO
YOIKO
オムツのゴミ量も半端ない。

常に「オムツ替える頃かな」とナーバスになっているせいで子どもがウンチしていない時でもウンチの匂いを感じるときがあるほどです。(子育てあるある)

2人とも泣いている時が多い

f:id:nisaisa-ikuzi:20200306071601j:plain

これも多い!!!

赤ちゃんかえりによって、上の子がよく泣くようになりました。そこで「子ども2人が同時に泣いている」という状況が1日に何度も起こります。

YOIKO
YOIKO
そのたびに「どちらから慰めるか」と優先順位を決め抱っこ。

しかし後回しにされた方が更に大泣きするので泣き声は自然とヒートアップします。上の子も下の子も声のトーンが低いのでそれほど「うるさい!!!」となりませんが、

  1. 大泣きすると声がうらがえる
  2. 声のボリュームが大きい
  3. 声のトーンが高い

という赤ちゃんだとイライラするママも多いようです。「いかにして子ども2人の機嫌を保つか」というのがママの試練といえるでしょう。

家事がマジで進まない

f:id:nisaisa-ikuzi:20190822095846j:plain

上の子が「ごっこ遊び」ができるようになってから、家事が思ったように進まなくなりました。

はい、ママはこの剣ね
このぬいぐるみ持って襲ってきて
僕が倒すまで攻撃してきてよ

と戦いごっこの敵役に任命されます。戦いのシナリオ・セリフは毎回上の子が決めるのでそれに従い動くというパターン。「ママ洗濯ものしたいんだけど」と言っても許してくれません。

YOIKO
YOIKO
それと並行して下の子のお世話(抱っこ・オムツなど)があるので家事が進まない…。

「部屋の掃除をしよう」と思っているしりから上の子が戦いごっこでおもちゃを散らす。ますます部屋がぐちゃぐちゃになる。

上の子の戦闘意欲がアップすればするほど、私の家事意欲は激減していきます。

【2人目妊娠】実感!2人目が産まれる前に本当にやるべきこと3つ

【2人目妊娠】出産前・産休中にやることは?やって良かったこと3つ2歳差育児ブロガーのYOIKO(@nisaisa_ikuzi)です! そう考えるママは多いのではないでしょうか??...

2歳差育児のコツは2人目出産前に部屋を整理することです。本当に後々活きてくるのでコチラも要チェックです!

体調が悪くても育児に待ったなし

f:id:nisaisa-ikuzi:20200306071613j:plain

これが一番辛い!!!!

YOIKO
YOIKO
産後3ヶ月は特に病気がちでした。急性胃腸炎の時は死ぬかと思った…。

2歳差育児のママが辛いのは、「たとえママの体調が悪くても育児(特に下の子)のお世話はノンストップ」というところです。

我が家の育児はこんな感じ。

「しんどくて子育てが辛い!!」という時でも助けてくれる人はなし。どんなに風邪でも、胃腸炎でも、いつも通り子ども2人をお風呂に入れ、ご飯をあげなくてはいけません。

夜にゆっくり眠りたい

下の子の授乳・上の子の夜泣きも対応必須

結局休めない

完治しない

という負のループ…。

YOIKO
YOIKO
ダラダラと長引きし、完治まで2週間程度かかるというのがセオリーです。

乗り越えるためのヒント

f:id:nisaisa-ikuzi:20200306071823j:plain

2歳差育児で辛いことはた~くさんあります。でも文句言っても仕方ない。

  1. ママこそ栄養をとる
  2. 手抜きするところはする
  3. 何事も完璧を追及しない

YOIKO
YOIKO
とにかくゆる~く家事・育児をして私はストレスを減らしています。

育児をする以上思い通りにいかないことばかりです。だからこそ「これを片付けたい」「この家事を〇時までに終わらせなければ」という無駄なストレス発生の元、思い込みを捨てました。

それについては別記事に掲載しているのでぜひこちらも読んでみてくださいね!

2歳差育児は無理じゃない。考え方と行動を変えただけで楽になった!

2歳差育児は辛い?考え方と行動を変えただけで楽になった!2歳差育児ブロガーのYOIKO(@nisaisa_ikuzi)です! 上の子が1歳を過ぎた頃に、発覚した2人目の妊娠。 ...

2歳差育児でもストレスフリーになる方法をまとめています。コレで私は2歳差育児を楽しめるようになりました。マジです。

YOIKO
YOIKO
下の子は1歳!!まだまだ始まったばかりの2歳差育児です。

これからも自分なりの育児のコツを見つけて頑張ります!

次の記事は・・・

下の子を出産したその日から2歳差育児が始まる!上の子に準備すべきもの3つ

【2人目の出産】上の子に準備しておいて良かったもの3つこんにちは、2歳差育児ママのYOIKOです! そんな時に気になるのが、 ということではないでしょうか? ...

産院で出産した後、まっているのは入院生活!上の子のために準備して正解だったものを紹介します。

2歳 0歳
玩具のレンタル・トイサブ

子供2人。玩具選びが難しい!

玩具で部屋がちらかるのが嫌、そんなママへ。

 

流行りのサブスク(定額)サービス、

トイサブ」がお勧めです♪

YOIKO
YOIKO
フジテレビや、日経トレンディで紹介され有名に!

\コロナの今、初月の料金は無料
玩具レンタルのトイサブ

トイサブの詳細へ

トイサブは、定期で届く玩具レンタルサービスです。

  1. 15,000円相当のおもちゃ6点
  2. 年齢に合った玩具が2ヶ月に1度
  3. 返却期限はなし。気に入ればまた使える

初月無料はいつ打ち切りになるか未定とのこと。

YOIKO
YOIKO
お得な今の期間を、ぜひお見逃しなく♪

トイサブを見てみる

関連記事はコチラ