2歳差育児.COM

2歳差育児のヒント、ココにあります。

【広島ウォンツの無料イベント】ハイハイレース参加の感想!健康サポートフェア2019の子連れレポート ③

ドラッグストア「ウォンツ」の大イベント!

健康サポートフェア2019』はご存知でしょうか?離乳食サンプル多数!ショーもハイハイレースも!子連れに大人気の 

無料イベントなんです。

 

今回は0歳・3歳と一緒に家族で来場

その模様を詳しくレポートします。

 

第2弾の、

「2018年から人気となっている薬剤師体験のレポート(子供向け)に引き続き、

第3弾の今回は「ハイハイレースに出場した感想と整理券ゲットのコツ」です。

 

気になる方はぜひチェック!

健康サポートフェア2020年の予習をしておきましょう!

 

第1弾レポートの詳細はコチラ★

www.nisaisa-ikuzi.com

第2弾レポートの詳細はコチラ★

www.nisaisa-ikuzi.com

 

★目次★

 ①健康サポートフェア2019ハイハイレース

 

f:id:nisaisa-ikuzi:20191208102534j:plain

(1)概要

 健康サポートフェア2019でのハイハイレース。

【開催日】2019年12月1日

【開催時間】11時半から順次スタート

【参加人数 】28組

【参加方法】先着順(開場10時から開始)

28組限定という何とも微妙な設定ですが、相当狭き門には間違いありません。事前予約なら楽ですが、先着順に参加となるとママパパが殺到するのは予想できます、、、。

(2)主催はユニ・チャーム

オムツ『ムーニーマン』を売り出しているユニ・チャームがスポンサーでした。参加賞・優勝商品もユニ・チャームが用意してくれています。

②ハイハイレースに参加してみた

 子育てイベントで一度だけハイハイレースに挑戦した下の子0歳児。2回目のハイハイレースに挑戦です!

f:id:nisaisa-ikuzi:20191209072413j:plain

(1)開場20分前からスタンバイ

f:id:nisaisa-ikuzi:20191209072910j:plain

 

先着順ということは公式サイトで事前に知っていた私。「当日は相当激しい競争になるはず!開場10時より早く入り口前で並ぶしかない」と思っていました。けれど3歳・0歳を連れて家族4人で向かうと何かと時間がかかる。

 

そこで

  • 夫は上の子3歳と先に会場入り・整理券ゲットする
  • 私は下の子0歳とベビーカーでゆっくり向かう

 

と二手に別れることにしました。ベビーカーだと整理券を貰う競争に遅れをとりますからね、、、。自分で歩ける3歳児とパパならフットワークが軽いと考えたのです。

 

夫は無事開場20分前に会場に着くことができました。(それでも既に開場を待つ人々で行列だったそうな)

(2)整理券を求めてダッシュ

f:id:nisaisa-ikuzi:20191209073120j:plain

 

 

開場は10時。それでも既に行列ができていたため、夫は中々会場に入れなかったそう。ようやく入り口に着くと上の子と早足でユニチャームのブースへ一直線!

 

(3)見事整理券をゲット!

二手に分かれた作戦が功を奏し、見事整理券をゲットしました。整理券番号は12番開場10時より20分早くから並んでも12番目です。

 

予想ですが定員28組は開場10分程度で一杯になったのではないでしょうか?

恐ろしい競争率です。そしてパパママの意欲がすごいです。

(4)レース開始は11時~

f:id:nisaisa-ikuzi:20191209072451j:plain

ハイハイレースメインに2日目に参加した我が家。とりあえずお目当ての整理券はゲットできたのでレース開始時間までのんびりと待つことにしました。

 

30分程度の待ち時間でもいろんなことができましたよ。

  • 離乳食試食、サンプル品ゲット
  • アンパンマンとチェキ撮影
  • 絆創膏やコンタクト液サンプルゲット
  • ショーの鑑賞(フラダンスでした)
  • 薬剤師体験

 

子供向きの薬剤師体験についての詳しい記事はレポート②で紹介しています。

気になる方はコチラもチェックです。白衣を着てお菓子を作る面白い企画でしたよ。

お菓子で出来る本格的な薬剤師体験

www.nisaisa-ikuzi.com 

(5)各家庭工夫をこらした道具を持参

ハイハイレースの開始時間が近づいたのでステージ脇に集合です。「ハイハイ真っ最中の赤ちゃん」ということもあって7か月〜1歳くらいの赤ちゃんばかりでした

 

皆さんお菓子やオモチャなど、子供の気を引きそうなものをたくさん持っていました!ママパパの熱意がやっぱりすごいです。

 

レースは5組くらいずつステージ上で始まる様子。「第1レースは◯◯ちゃん、◯◯くん、、、」とスタッフの方が参加者を整列させていました。(マイクじゃなく地声なので聞き取りづらかったです)この時点で赤ちゃんはベビーカーや抱っこ紐からおろして直に抱っこが必要です。

 

赤ちゃんと大人1人(ママかパパ)がステージに行くのかな?と思いきや、皆さんパパママ両方が一緒にいてました。ステージが広いのでどうやらママパパ両者がステージ上に上がっても良さそうです。せっかくなで上の子も含めて家族4人で挑むことにしました。

 

(6)レーススタート

 

ウォンツのスタッフさんが2人ステージに立ち、協賛者の『ユニ・チャーム』の宣伝をしていました。レース参加者のパパママはステージ裏で待機です。

 

これが意外と長い。レースは全部で5レースくらいあるので、最後の方のレース出場者は皆のレースが終わるまで立って待たなくてはなりません。

赤ちゃんの機嫌をいかによく維持するか。これ結構な課題ですね。

 

我が子の名前が呼ばれました!ドキドキしながらステージ上に上がります。最初にビックリしたのはムーニーマンの着ぐるみ「ででん」とレース脇にいる事

 

どの赤ちゃんも存在感がすごいムーニーちゃんに釘付けです。「この着ぐるみに気を取られてハイハイしないんじゃないか」とどのママパパも思ったはず、、、。

 

そんな不安をよそに、レースは始まります。下の子が大好きなスマホをちらつかせ、必死にハイハイさせようと声をかけます。上の子も必死に「おいでー!」と声援を送ります。結果は2位。ちょっと残念な気持ちもありますが、まずまずの結果です!

③参加賞が豪華

優勝者はムーニーマンのオムツ1パック丸ごと貰っていました。

 

でも安心してください!優勝しなくても参加賞が貰えます!

内容はこちら!

  • マスクピンク
  • マスク白 
  • ウエットティッシュ箱入り
  • ウエットティッシュ詰め替え用3つ

 

ご、豪華です!

個人的にはムーニーマンオムツ1つより嬉しかったです。

④レースに参加しての感想

参加してみて色々な反省点も。2020年の健康サポートフェアハイハイレースに出たいママパパは必見ですよ!

f:id:nisaisa-ikuzi:20191017161910j:plain

(1) 整理券の競争率は果てしない

f:id:nisaisa-ikuzi:20191209072846j:plain

 

 

先着28組の親子だけのハイハイレース。

 

熾烈な整理券の争いがあります。開場が10時なのでとにかく早く会場に着くこと!9時30分くらいに会場に着けば確実に整理券が貰えるのではないかなぁ?

(2)でもやっぱり記念になる!

f:id:nisaisa-ikuzi:20190918091117j:plain

 

 

初めは「ステージに上がってハイハイレースってちょっと恥ずかしいなぁー」って思っていましたが、どの親子も熱意が凄くて自然に恥ずかしさとか全くなくなります。「勝つぞ!」と真剣に思えました笑。

 

それに上の子3歳もステージ上で一緒に応援できたので記念になりました!パパも応援に必死で写真を撮るのを忘れてしまったらしく、たった1枚しか写真が撮れませんでした。それでも私の記憶にはしっかり残りましたし、2位でもめちゃくちゃ嬉しかったです。参加して本当に良かった。

(3)負けても豪華な参加賞

参加してはじめて知った参加賞。充実した内容のプレゼントで大満足です。

 

ウォンツの健康サポートフェアはやっぱり大盤振る舞いですね。とにかくどのブースも、企画も、サンプルやプレゼントの量がすごいです。参加して絶対に損はないと思いました。

 

⑤ハイハイレース2020年の開催は?

 

とにかく重要なのは「早く会場入りする」ということ。

 

健康サポートフェア2020でハイハイレースがまた開催されるのかはまだ分かりませんが、去年の2018年も開催されていたことを考えると「恐らくあるのでは、、、?」と思います。広告チラシ・店頭ポスターが出始めるのは2020年11月前後。要チェックです!!

全3回に渡る健康サポートフェアの記事、読んでいただいて有難うございました。思ったよりも反響があり、皆さんの関心の高さが伝わりました。本当にお得なイベントですよ!ぜひ行ってみてくださいね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ウォンツは

イクちゃんサービス参加店です。

イクちゃんサービス参加店情報

ウォンツ 沼田伴店|医療|参加店情報|イクちゃんサービス|イクちゃんネット

unnamed

このブログは「イクちゃんブロガー」に記事を提供しています。

http://www.ikuchan.or.jp/service/bloger