2歳差育児.COM

2歳差育児の情報と体験談。広島の育児情報も紹介します!

【ふるさと納税】お得な食品はコレ!損しないように気をつけていること3つ

年末が段々と近づいてきましたね。

今のうちに済ませておきたいのは

ふるさと納税の注文!

我が家は3年前から

ふるさと納税始めました。

そこで今回は

お得な食品は何か

満足度アップのため

気をつけていることを紹介!

これからふるさと納税を始めたい

ママパパ、要チェックですよー!

この記事は「特定の自治体を応援したい」

というよりは「いかにお得に注文するか

という観点で執筆しています。

★目次★

①ふるさと納税とは?

f:id:nisaisa-ikuzi:20191105072739j:plain

自己申告さえすれば

応援したい自治体に対して払った寄付金額

が戻ってくるふるさと納税。

実質2,000円の負担だけで

食品・日用品・などを楽しむことができます

▼ふるさと納税の詳しいカラクリはこちら。

ふるさと納税とは? | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

②満足度が高いジャンルは食品

f:id:nisaisa-ikuzi:20191105072853j:plain

今まで頼んだ中で

「これはぜひまた頼みたい」

と感じたのはやっぱり

ダントツで食品です。

毎日食べるものだし、

消耗品として後に残らないので

困ることはありません。

その中で我が家は3つのカテゴリーを

全て頼むようにしています。

(1)日常使いの食品

お米・肉・魚・魚や肉の加工品・ビール

おすすめは肉のメガ盛り品

  • 牛肉細切れセット
  • 豚肉バラ・ロースなど
  • 鶏肉〇キロ!など

どのお肉もメガ盛り品が存在します。

(肉の単価が高い牛はコマ切れが多い)

基本的に冷蔵で頼み余った分は

味付けした状態で冷凍庫へ。

小分け冷凍すればお弁当にも便利でした。

中でも

「ロース・バラ肉など部位別で〇キロ」

が個人的にはお得に感じました。

ひき肉だけ1キロとか来ても

飽きがきちゃうんですよね…。

部位別だと家族が「ずっと豚肉続いてない?」

飽きられることがありません

簡単に食べきれてお勧めです。

(2)贅沢系の食品

 贅沢だなぁ、と感じるのはこんな返礼品。

うなぎ・イクラ・かに・牡蠣

普段スーパーでわざわざ買うとなると

尻込みしてしまうジャンル。

でもふるさと納税だと気軽に頼みやすい~!

うなぎを頼んだ時は至福でした!

牡蠣は居住地広島県呉市のものを

注文しましたがこれが大正解

さすが本場、味と歯ごたえが違います。

殻つきでなく生むき身をチョイス。

「大振りでプリプリさすがのお味!」

食感・歯ごたえ・食べ応え!二重丸。

むき身はゴミもでないし鍋にも最高でした。

(3)季節もの

果物・おせち・新酒・新米

果物重くて値段が高いので

ふるさと納税で頼めるのは嬉しいです

人気の果物(マスカット・いちごなど)

は先行販売・数量限定なこともあります。

好きな果物はシーズン前から

チェックしておくと良いですよ。

特にスーパーの値段が高くなる

11月~12月いちご頼み頃

下手したら1パック1,000円近いことも。

ぜひ「時価が高くなる時期」を狙って

注文することをお勧めします。

③損しないように気をつけたい事

f:id:nisaisa-ikuzi:20191009063301j:plain

ここからは損しないように

普段から気を付けていることを

紹介していきます。

(1)元値をネットで検索する

f:id:nisaisa-ikuzi:20191017160917j:plain

前はふるさと納税の過当競争が

問題となっていたぐらい大盤振る舞い

だったようです。

が、今は寄付金額の半額以下の返礼品が

当たり前となりました。

2019年度現在の相場は

1万円の寄付で

3,000円相当の返礼品」

が主流のように感じます。

ここで気をつけたいのは

全ての自治体がその相場感で

ふるさと納税に参画していないということ。

自治体によってはたとえ1万円寄付しても

2,000円以下の返礼品にしている場合もあるのです

そこで私は「この商品いいな」

と思った時に必ずネットでその商品の値段を

リサーチするようにしています。

目安としては

①寄付金額の3分の1以上なら頼む

②寄付金額の3分の1未満なら頼まない

相場重視です

相場以下の商品ならふるさと納税制度

でなく普通に買った方が良いですもんね。

(2)基本的に冷凍品を頼まない

f:id:nisaisa-ikuzi:20190818152154j:plain

冷凍品か冷蔵品か。

どちらが美味しいかといえば

そりゃ冷蔵品ですよね。

ふるさと納税サイトで検索する時は

必ず「希望の寄付金額」「食品」

「冷蔵」と入力しています。

特におススメ返礼品に挙げた

うなぎは冷凍品が多いので注意!

冷蔵の方が美味しかったですよ。

(3)定期便は頼まない

f:id:nisaisa-ikuzi:20191002092623j:plain

寄付金額を多くするなら

定期便という選択肢もあります。

5万円の寄付で年に3回果物が届くとか。

でもコレ、計算してみるとわかるんですけど

損なことが多いです。

「あ、これいいな!」

と思ったら必ずその自治体の

別注文パターンを調べてください。

すると「定期便じゃなくて1万円寄付を

3回やった方が内容量が多いな」

と気づくことでしょう。

④ふるさと納税こそ節約の助け

f:id:nisaisa-ikuzi:20190813144541j:plain

実質2,000円で

色々楽しめる!食べられる!

のが醍醐味とも言えるふるさと納税。

家族の満足度をいかに高めるか

を重視して注文するように気をつけています。

注文作業や申告が面倒ではありますが

  1. 少ない寄付金額(5千円〜1万)ずつ注文
  2. 毎月届くようにこまめに注文
  3. 必ず贅沢食品も頼む

この3点を意識して注文しています。

消費税が10パーセントに上がり

ますます重要視すべき節約術。

2,000円の負担

ウナギやビールを楽しめるなら

始めない理由はありません!

まだふるさと納税を始めていない

ママパパさん、ぜひ始めてみてくださいね。

記事更新をお知らせします★

インスタ

https://www.instagram.com/p/B23JC2Qhyb0/ツイッター