2歳差育児.COM

2歳差育児の情報と体験談。広島の育児情報も紹介します!

【マンションの騒音問題】階下からの苦情!子供に「我慢させずに」静かにする騒音対策5つ

我が家が騒音対策を

意識し始めたきっかけ

まさかの階下からの苦情

3歳になる上の子が

毎日戦いごっこに明け暮れ

家の中でドタバタ

しているのです…。

静かにさせなきゃと思う反面、

子供に我慢を強いるのは

可愛そうという気持ちも。

そこで私なりの工夫で

騒音問題を解決しています!

今回は

子供になるべく

我慢させずに

騒音減らす方法

をまとめてみました。

マンションに住んでいるママさん、

参考になれば幸いです!

 ★目次★

 

①騒音は「子どもあるある」?!

(1)男の子は特にスゴイ

f:id:nisaisa-ikuzi:20190825150837j:plain

子どもの性格にもよりますが、

「子どもがドタバタ

走り回るから

騒音対策に悩んでいる

というのは圧倒的に

男の子ママが多いです。

戦いごっこやジャンプなど、

動きがダイナミックで大きいのが理由。

ソファから床へジャンプ

棒を持って

走り回り壁を叩く…!

女性のママからしたら

「なんでそんな行動をするの~!?」

と驚くことばかりなのです。

(2)マンションは苦情が来やすい

f:id:nisaisa-ikuzi:20190825151156j:plain

一戸建てよりも苦情がきやすいのは

やっぱりマンション

同じ建物の中に住んでいるのだから

当たり前ですよね…。

静かにしてください

という封書が届いた、

「階下の住人が

苦情を言いに来た」

というのはよくある話。

子どもが2人、3人いるママには

耳が痛い話です…。

②我が家の騒音ヒストリー

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824091818j:plain

ここからは我が家が

「どうして騒音対策を

しようと思ったのか」

騒音対策を練るまでのヒストリー

を紹介していきます。

(1)友達を招いてドタバタの日々

f:id:nisaisa-ikuzi:20190903110758j:plain

元々騒音にそれほど真剣に

考えていなかった私。

1週間に2~3回

上の子のお友達を呼び

多い時は5組の親子を自宅に

招き入れていました。

「子どもは

元気よく遊ばなきゃ」

という考えだった私は

ジャンプしても走り回っても

子どもにそれほど注意せずでした。

というのも階下に誰も住んでいないと

思っていたからです。

夜にマンションの外から階下を見ても

部屋の電気がついていない。

「我が家の階下は誰も住んでいないな」

と考えていたのです。

(2)まさかの苦情がきてしまった

 が!事態は急展開。

「マンションの住人の方から苦情

来ています。気を付けましょう

というマンション管理人からの

お手紙が届いてしまったのです!

これにはびっくり!

「階下は人が住んでいたんだ!

今までどんだけ我慢していたんだろう…

申し訳ない…」

猛反省

(3)子どもに飛ぶな!走るな!と注意

f:id:nisaisa-ikuzi:20190903110946j:plain

とにかく静かにしなきゃ

そう考えた私は

2歳の上の子に

「もう走り回ったらダメ!

ジャンプも禁止ー!」

と言うようになりました。

「下に住んでいる人が

うるさくて困っているんだよ」と説明。

だけど動きたい、

遊びたい盛りの子供には酷な話

「どうしたら子供に我慢させずに

静かにできるんだろう?」

と考えるようになりました。

③騒音対策のためにしていること

なるべく「走り回りたい」

「ジャンプしたい」

子供の気持ちも尊重しつつ出した私の答え。

それは

階下に響かないような方法

子供の遊びたい欲を発散させる」

そして

防音対策はちゃんとする」でした。 

(1)遊ぶゾーンにコルクマット

f:id:nisaisa-ikuzi:20190903110209j:plain

王道ですが騒音対策として

一番に最初に行ったのは

コルクマットの購入

▶コルクマットのメリット

コルクマットは騒音対策以外にも

嬉しいメリットがたくさんありました。

【コルクマットのおすすめポイント】

  • 衝撃を吸収してくれる
  • 子どもが転んでも怪我しにくい
  • 色が落ち着いてインテリアを害さない
  • 夏はさらっとして気持ち良い
  • 冬は暖かく感じる
  • リーズナブルで買い替えしやすい

ゴザでは騒音対策にならない、

カーペットは買い替えしにくい、

衛生面が不安…。

そこで我が家はコルクマットを選択。

部屋の形に合わせてジョイントすれば

それほど違和感なく部屋になじみます。

▶コルクマットの厚さは?

コルクマットってメーカーにより

厚さが色々なんですよね。

騒音対策として購入するなら

厚さ8ミリ程度は欲しいところです。

我が家はカインズのコルクマットを使用。

カインズのコルクマット】
 材質:表面/コルク 裏面/EVA樹脂
サイズ:(約)縦450×横450×厚さ8mm 

(公式サイトより引用)

大判ジョイントコルクマット 45cm×45cm 8枚組(45cm×45cm 8枚組): ラグ・カーペット・マットホームセンター通販のカインズ

EVA素材が使われているので

裸足である行くとフカフカ柔らかい。

すごく気持ちよいです!

水はある程度はじくので

お茶おしっこで塗れても

さっと拭き取りやすかったです。

▶効果はあった?

コルクマットを敷いてからは

床にジャンプした時の「ドン!」

という音が小さくなりました。

軽量の衝撃

重量の衝撃

という感じです。

10キロ以上ある子どもが

高さ30センチ程度のソファから

ジャンプする重量衝撃音は防ぎにくいです。

そのためコルクマットを敷けば

防音対策が解決!にはなりません。

そこで私は子どもの遊び方を

工夫させることにしました。

(2)ジャンプはソファ・ベッドの上

戦いごっこでジャンプしまくる!

そんな時は

ソファベッドの上ね」

と子どもと約束しています。

埃がものすご~く

立ちますがしょうがない

ソファとベッドは反発力があるので

ちょっとジャンプしただけで

びょ~んと飛べます。

子供も大喜び!

(何度も言いますが埃はスゴイ)

(3)エネルギーは「叩く」で発散

とにかくエネルギー満々、

走り回りたいー!

そんな時は

  • ぬいぐるみ
  • ソファ
  • クッション

などを棒で叩かせています。

子供が気に入って使っている棒は

野球の応援バッド

完全に使い方は間違っていますが

これで男の子パワー発散しています。

(4)自宅にお友達を呼ばない

f:id:nisaisa-ikuzi:20190903110550j:plain

苦情を受けてからは

自宅にお友達を呼ぶのはやめました

いくら「気をつけてね」と注意しても

子供が集まれば騒ぐのは当たり前。

苦情を受けた以上は騒音の原因になる事態を

とことん避けるようにしています。

(5)外遊びをしっかりさせて帰宅

f:id:nisaisa-ikuzi:20190903110431j:plain

自宅で走り回らないためには

でしっかり運動させる

もうこれにつきますね。

  • 公園遊び
  • オープンスペース
  • 歩道(車がこない場所)

で思いっきり遊ばせる!

今は2歳差育児で下の子を抱っこ

し動きづらいので私はオープンスペース

上の子を思いっきり遊ばせます

子どもが帰り始めた夕方なら

オープンスペースにいる子どもは激減。

赤ちゃんがいない、走るスペースがあれば

走り回らせるようにしています。

④対策をとってからの変化

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824092445j:plain

5つの騒音対策を行って

3ヶ月が経ちました。

特に効果があったと思うのは

コルクマットです。

敷くと敷かないでは大違い。

衛生面が気になるので

1年に1回の頻度で買いかえる予定です。

次に効果があったと思うのは

ソファかベッド上でのジャンプ

これって結構体力を使うらしく、

ジャンプしまくった後は

床の上でジャンプしなくなりました。

それに

外遊びをしっかりさせているせいか

自宅で走り回ることも激減しました。

苦情がきてからは

お友達も全然自宅に呼んでいません。

今では自信をもって

「〇〇(私)さんちのお宅はうるさい!」

と言われることは無いと言えます。

(余談)

結局苦情は我が家にきたのでなく

全住民に配られていたことが判明。

「苦情が出ているということを周知。

住民皆さんも気を付けてください」

という趣旨だったようで…。

まぁそれでも騒音対策をとっておくに

越したことはないですね。

これからも子どもが2人いる我が家は

騒音に気を付けていきたいと

思っています!

★Instagram★

気軽にフォローしてみてくださいね!

https://www.instagram.com/p/B1nENCBBKPZ/