2歳差育児.COM

2歳差育児の情報と体験談。広島の育児情報も紹介します!

【育児ストレス】考え方と行動を変えただけ!不安だらけだった2歳差育児を楽しめてる理由

 上の子が1歳を過ぎた頃に発覚した

2人目の妊娠

「2歳差育児って大変らしい」

「私にできるのかな」

不安だらけでした。

ところが今では

考え方

行動を変えただけ

「2歳差兄弟、最高じゃん!」

3人目がいてもいいな!」

と思えるまでになりました。

「2歳差で子供を産みたい」

「今2歳差育児してるけどしんどい

というママさん、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

★目次★

①育児は「しんどい」もの?

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824090417j:plain

子供を育てることが大変なのは

子供を産む前から分かっていたこと。

けれど街中を歩いていると

すご~く疲れた顔をしてるママもいれば

子供とニコニコ歩いているママ

いるんですよね。

その時「そのって何なんだろ?」

って思ったんです。

もちろん育てやすい子、

手がかかる子がいるので

大変さの度合いも違うかもしれません。

だけど本当にそれだけ?

もしかして

「ママの考え方や行動によって

ママ自身の機嫌は

左右されるのかも!」

と思い始めたのです。

②まず変えたのは考え方

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824091428j:plain

思い立ったらすぐ行動!

まずは考え方を常に

ポジティブ変換してみました。

(1)子ども編

子育ての主役!

メインになるのは上の子です。

▶ママへの甘え

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824090746j:plain

「ママ抱っこして~」

「パパじゃない!ママがやって!」

「ママ見て~」

など下の子が産まれてから

ひどくなった上の子の甘え

疲れている時はイラっ

としますが一呼吸。

「ママどんだけ

愛されてるのさ!!」

と思い直し優越感に浸ります。

唯一無二の存在であることに

ニヤニヤすることにしたのです。

ここまで求めてくれるのも今だけ。

いつか懐かしくなるはずです。

考え方をシフトすることで

足にへばりついてくる上の子が

いつも可愛く思えるようになりました。

▶片づけをしない

夜寝る前にしていた玩具の片付け。

2歳差育児をしてからは

ズボラ片付けです。

ひどい時は散らかしたまま

にしています。

だって子供2人のお世話をして

ヘトヘトな夜寝る前・・・

後片付けのエネルギー残ってない!

子どもに「片づけてね」

「ママと一緒に片づけよう」

と言っても子どもが

片づけてくれない日がありますよね。

しつけ的にはNGでしょうが、

私のストレス減優先するように。

「今日もこんなに

たくさん遊んだねー!」

「すごい玩具の量だ!」

と、かなり遊んだ、良かったね

ということだけ強調して終わります

お片付けは

気持ちに余裕がある時だけで良いか。

そんなゆる~い感じで

過ごすようになりました。

▶ぐずり泣き

下の子が産まれてからの赤ちゃんかえり。

上の子はよく泣くようになりました。

意味もなくぐずることも多いです。

先ほどのように「私愛されてるわ~」

と考えることもありますが、

どーしても疲れている時は

「ママも一緒に泣いてもいい?

ママ疲れちゃった~!」

と子どもに弱音を吐くようにしました。

ママが泣いちゃダメなんて法律ありません。

子どもの前で「完璧なママにならなきゃ!」

もしなくていい。

怒りじゃない感情で爆発させる!

すると「子どもを叱ってしまった」

という罪悪感を抱かずに済みます。

泣き真似だけでもおすすめです!

気分がスッキリしますよ。

子どもは「え?」と

ポカンとしていますが(笑)

(2)夫編

育児をしていると

夫へイライラすることも多いです。

1番のイライラは休日

いざ「出かけよう!」としても

夫の

オムツ替え・着替えスピード

遅い!!!!

でも考えてみれば

平日は子どもとの時間がないんだから

当たり前なんですよね。

「まぁいっか」

と考えをシフトするようにしました。

どうしてもスイッチが「母親モード」

のままになってしまう私ですが、

夫は休日の「オフモード」。

カリカリしていた自分を反省です!

(3)私編

私自身の気の持ち方

実はこれが一番大切なのかもしれません。

▶ママ友付き合い

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824092103j:plain

下の子を出産してから

ママ友との付き合い方が変わりました。

一人っ子ママと子ども2人ママじゃ

行動範囲や生活リズムが違うので

一緒に遊ぶのが

難しくなったのです

★過去記事★

www.nisaisa-ikuzi.com

 はじめは「みんなと一緒に遊ばなきゃ」

という勝手な

強迫観念に襲われていました。

でも私だけ常に下の子を抱っこ紐。

そして授乳に頻繁なオムツ替え…。

結局疲れちゃうんです。

子どもの人数(一人っ子・兄弟あり)

や年齢・学年によって

ママ友と遊べる場所遊び内容が違う。

私が無理してまで付き合わないでいい。

そう考えるようになってから

心がスッキリ!!

今は無理のない範囲

ママ友付き合いをするようにしています。

▶家事

下の子(0歳)がウンチ漏れ。

上の子が絵本読んで攻撃…。

ウンチ漏れを掃除していたら

上の子が仮面ライダーごっこで

ブロック散乱…。

部屋は常に

散らかり放題です。

皿洗い・洗濯干しだけで

1時間ほどかかることも…

1つ1つはすぐ終わる家事でも

子ども相手だと

 家事はなかなか進まない!

だから「まーいっか」

多用しまくることに

しました。

洗濯が干せなくても

乾燥機でいっか!

明日でいっか!

今日の内にできればいっか!

とゆる~いハードルにします。

私の仕事は子どもを元気に育てること!

家事を完璧にすることではない!

③行動も変えてみた

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824092445j:plain

 ママ友付き合いをセーブした分、

自分の行動を変えることもできました。

(1)子どもがやりたいこと第1に

上の子は大の絵本好き。

本を借りたら自宅までず~っと

手に持って歩くぐらい好きです。

「上の子にたくさん

読んであげたい!」

そういう想いから

週に2~3回は図書館へ。

小一時間ほど滞在して

のんびり過ごします。

そしてその後に

「今日は何しようか~?」

上の子に判断をゆだねます

(以前)

ママ友と遊ぶ

   ↓

子どもがやりたいことをやる

 

(今)

子どもがやりたいことをやる 

   ↓

時間があればママ友と遊ぶ

ママ友と毎日遊んでいたころは

意識していなかった

「子どものやりたいこと」。

今では「まず子どもがやりたいことをやる」

優先順位を上げるようになりました。

すると1日の時間の使い方に

ゆとりが生まれました。

「〇〇ちゃんと約束してるから

10時にはここに行かなきゃ!

早く靴履いて!」

というママ都合のイライラもなし。

子どもの好きなことに付き合うと

私自身も充実しているように感じます。

(2)保健師さんと仲良くなる

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824090929j:plain

上の子がプレ幼稚園に通う間は

下の子とオープンスペースに行きます。

今までの私だったら

「ママ友を作らなきゃ」

とママさんに色々話しかけていました。

が、今はゆる~く滞在。

オープンスペースにいる保健師さんと

仲良くするようになりました。

保健師さんがいないオープンスペースも

多いですが、

子供に関わるお仕事をしているだけあって

オープンスペースにいるスタッフさんは

子ども関係の悩みに強い

【オープンスペースのスタッフさん】

  • 地域の子育て情報に詳しい
  • 子供の悩みを話しやすい
  • 悩みに対する解決策も詳しい

離乳食・病気など何でも

オールマイティーに質問しています。

答えはともかく、

「日々の子育ての悩みを

誰かに話せる」ということが

嬉しい!

ママ友と話しにくい内容もあるので

(発達の度合いや躾など)

友達じゃない他人に話せるというのが

大きなポイントです。

おかげで

育児ストレス

溜りにくくなりました

(3)2歳差育児でも外出するf:id:nisaisa-ikuzi:20190824091818j:plain

「2歳差育児でしんどいから

外に出たくない」

 「外出が億劫」

もちろんそう思う日も多いです。

でも家にいてる方が

ストレスが溜まる!!

【自宅にいるとストレスな理由】

  • 常に部屋は散らかりっぱなし
  • 自宅の玩具に母子ともに飽きている
  • 自宅の絵本を読んでもマンネリ化

工作や塗り絵が大好き!

自宅が大好き!なら良いのですが

上の子は外で遊びたい派です。

朝9時には「どこ行く?」

と聞いてくるほど…。

だから下の子が0歳で手がかかっても

外に出ます

ただし

授乳室があるところ

オムツ台があるところ

③室内

に外出先を限定。

なるべく私と下の子の負担を

減らすことにしています。

そしてママ友とは出かけない!

 これも大事!!

ママ友と一緒に遊ぶとどうしても

気を使うし、「授乳してもいい?」

とタイミングを見計らう必要があります。

もーそうゆうの面倒!

①ママ友と約束しない

②上の子のしたいことに付き合う

③1日の予定は決めずに行動する

これが今の私にとって

楽な外出です。

ママ友と遊ぶのは月に2~3回程度。

場所は自宅オープンスペースです。

無理して付き合わず

ゆる~く育児をしていくと

気持ちが楽になりました。

④考察f:id:nisaisa-ikuzi:20190824091252j:plain

結局のところ、

2歳差育児になった理由

まぁいっか精神で生きる」

「人付き合いを減らす

相談場所は確保する」

その3つがメインかなと思います。

ただいつまでもこんな生活が

続くわけではありません。

上の子が幼稚園にあがったり

下の子が歩きだしできることが増えれば

生活パターンが変わるでしょう。

「子育てに忙しい期間一生じゃない

根本的にそう考えているから

育児ストレスが少ないというのもあります。

考え方と行動。

この2つだけ意識して変えれば

育児を楽しめるまでになりました。

2歳差育児に不安を抱いてるママさん、

2人目希望のママさん、

もしよければ参考にしてみてくださいね!

★Instagram★

気軽にフォローしてください

https://www.instagram.com/p/B1GBXu7BhGu/