2歳差育児.COM

2歳差育児の情報と体験談ブログ。広島の育児情報も紹介します。

【夏休みに読みたい】2~3歳児におすすめの夏の絵本5選

もうすぐ夏休み!

プレ幼稚園が休みだったり、実家に帰省したり。

「この夏は子どもに何の絵本を読もうかな?」

と考えているママは多いのではないでしょうか?

今回は年間500冊息子に読み聞かせをしている

私が厳選する「夏休みにぴったりの絵本」を紹介します。

また絵本を活用して

「子どもの学びを広げる方法」もまとめてみました。

絵本選びに悩んでいるママさんの参考になれば幸いです!

※子供に合う絵本は年齢でひとくくりにできませんが、

今回は分かりやすいように「2~3歳児」タイトルにしました。

★目次★

①夏は子どもにとって特別な季節?!

 「夏休みが大好きだった!」

そんな幼少期を過ごしたママは少なくないはず。

帰省やプール、昆虫採集など子どもがワクワクする

イベントが盛りだくさんでしたよね。

2~3歳は歩行もそれなりにでき、

学びがどんどん広がる年齢層かもしれません。

この時期の子どもが過ごせる一度っきりの夏を

素敵なものにできるよう、

私も努力しようと思っています!

②夏にぴったりの絵本5選

早速絵本を紹介していきます!

おすすめポイントだけでなく、

マイナーポイントも挙げてみました。

自分の子どもにヒットするかどうか

両方とも参考にしてみてください。 

(1)なつのいちにち/はたこうしろう

男の子がクワガタを獲りに行くお話。

田舎の大自然が描かれていて、

必要最低限の文章とマッチした絵が素敵です。

▼楽天はこちら

▼Amazonはこちら

 

【おすすめポイント】

男の子のひと夏の大冒険を描いています。

クワガタを獲りに行くんですけど、

あぜ道や雨の中を走ったり、

牛小屋の前を通ったり・・・。

田舎に行かなければなかなか見られない光景

都会暮らしの子どもこそ読んでおきたい絵本です。

絵も素晴らしく、文字数があまりないのに

描写が豊かなのは圧巻ですね。

男の子もあっさりとした顔なので、

絵のタッチに癖がなく万人受けします

【マイナーポイント】

クワガタやトンボなど、虫に興味がない子には不向き。

また文字数が2~3歳児にしては少ない絵本です。

しっかりと内容を読ませたいママにも向いていません。

(2)まほうのなつ/はたこうしろう

こちらも「はたこうしろう」さんの作品。

東京の男の子兄弟が田舎のおじさんがいる

田舎に遊びに行きます。

 ▼楽天はこちら

▼Amazonはこちら

 【おすすめポイント】

この絵本も街中に住んでいる子供こそ

読んで欲しい作品です。

雨にうたれて気持ちいい。

汗をかいてドロドロなのに気持ちいい。

自然の描写の中で思いっきり遊ぶ男の子が

イキイキと描かれています。

「雨にはなるべく濡れたくない」

「雨の日って嫌い」という大人になってしまった

ことにふと気づかされたり・・・。

大人が読んでも発見があるお話です。

文章や内容量が多いので

3歳を過ぎても長いスパンで楽しめます

【マイナーポイント】

スイカの種を縁側で吹き飛ばすシーンあり。

「子どもに行儀よくなって欲しい」

というママには向いていません。

またに打たれるのが気持ちいいという描写が

あるからこそ、子供も真似する可能性大

「雨の日なるべく濡れさせたくない」

というママにも不向きですね。

(3)14ひきのとんぼいけ/いわむらかずお

「14ひきの~」シリーズは2、3歳児にぴったり!

花や草の名前がたくさん出てきます。

▼楽天はこちら

▼Amazonはこちら

【おすすめポイント】

季節ならではの自然が分かるねずみさんシリーズ。

生き物・草木・天候などが描かれています。

その季節ならではの事象がよく分かり、

お散歩や公園遊びの話のタネに◎!

子供の外遊びに役立ちます!

14ひきシリーズはロングセラーなので

話の内容に安定感がありおすすめです。

【マイナーポイント】

虫がけっこうリアルなタッチです。

虫嫌いの子どもには気持ち悪く無理かも。

また「花」「木」など、ジャンルでしかまだ

理解できない場合は面白くないかもしれません。

(4)ねずみくん うみへいく/なかえよしを

ねずみくんが動物を誘って海に行くお話です。

▼楽天はこちら

▼Amazonはこちら

【おすすめポイント】

「海という存在は知っている」

「泳いで楽しめるということを知らない」

そんな子供にぴったり。

動物はいつものライオン・像・うさぎなど

オールマイティーに出てくるので男女問わず◎。

うきわでプカプカ泳ぐだけのストーリーなので

絵本嫌いの子でも飽きず最後まで読みやすいです

また「ねずみくんシリーズ」にしては珍しく、

最後のシーンで見開きの仕掛け絵本になっています。

【マイナーポイント】

最後のオチはくじらの噴水

このパターンの展開知っているというママには

「あー、はいはい、くじらね」と

つまらないかもしれません。

海系の絵本はくじらの噴水でどか~ん

がやたら多いんですよね・・・。

(5)いちにちおばけ/ふくべあきひろ

こんなおばけだったら・・・という妄想のお話です。

色々なおばけの種類が分かります。

ポジティブな内容なので表紙の怖さはゼロです!

▼楽天はこちら

▼Amazonはこちら

【おすすめポイント】

おばけが大好きな子どもって多いですよね。

なんとなくニュアンスで「怖いものだ」と

感じているようなのに、怖いもの見たさというか

「おばけの種類がどれぐらいあるのか気になる」

という子供にはぴったりです。

文章量も3~4行とちょうど良く

絵が笑えてポジティブな内容。

怖い要素はないのでおすすめ。

逆に「怖いよね」と吹き込んでに使うのもあり!?

【マイナーポイント】

おばけが激しく嫌いな子どもにはおすすめしません。

河童とか結構タッチは怖いと言えば怖い?

おばけの存在を心底信じている子供にとっては

恐怖の本になりかねないので、

気になるママさんは実際に本屋で手に取って

判断した方が良いかもです。

③絵本を活用して遊びを広げる方法

私は絵本の読み聞かせをする時、

こんな工夫をしています。

楽しむ幅が増えると子供も嬉しいみたい!

(1)絵本に出てきたことを探しに行く

どうせなら絵本を読んで終わりにせずに、

絵本の話を現実世界とリンクさせましょう。

例えば「とんぼいけ」に出てくる草木を

散歩しながら見つけに行くというのもおすすめ。

すると子どもが「絵で見たものは実際こんな模様だった」

「こんな香りがした」など感じることができ、

記憶に定着しやすいです。

(2)絵本に出てきたものを制作してみる

工作が好きな子どもにぴったりです。

例えば恐竜なら・・・。

段ボールを切って子どもに着ぐるみさせたり

風鈴が出てきたら・・・。

プリンのプラカップと紙の短冊で自作したり。

▼制作のアイディアはこちらが便利です。

mywonder.jp

保育園の先生のためのサイトですが、

未就園児のママにも制作しやすいアイディアが満載!

身の回りにある材料で制作すると面白いですよ。

夏は外が暑いので、屋内でできる制作はありがたい。

(3)動物の生態を研究してみる

動物が出てくる絵本は本当に多いですね。

キリンや象など、メジャーな動物を一通り覚えた、

そんな子供にはぜひマニアックな動物が出てくる絵本

にトライしてみてはいかがでしょうか。

おすすめは「ねずみくんのうんどうかい」!

▼楽天はこちら

▼Amazonはこちら

 ロップイヤーとかフレミッシュジャイアント…。

「何それ?」と大人でも分からない動物が登場します。

動物をまずは調べて、どんな鳴声なのか。

一歩踏み込んだ行動をしてみると

学びの幅が広がります。

【動物に関する学びのフロー】

  1. 動物の写真を図鑑で調べる
  2. YouTubeで鳴声の検索
  3. お絵描き好きなら絵をかいてみる
  4. MY図鑑をつくってみる

2歳なら2まで、3歳なら4くらいまで出来そう。

4まで行けば完璧「未就園児の自由研究」!

立派な学びになりますよ。

図鑑は小学館のNEOシリーズが便利です。

そこまで難しすぎないし、なが~く使えます。

▼楽天はこちら

▼Amazonはこちら

鳴声検索はYouTubeで。

我が家はいつもネット接続できるTVで検索。

YouTubeって本当便利!!!

自分の幼少期の頃はそんな簡単に動物の

鳴声なんて検索できなかったですよね・・・。

YouTube好きなパパなら2だけでも

お手伝いしてもらっても良いですよね。

我が家はいつもパパにお願いしています。

息子はもうすぐ3歳ですが、

最近絵をかくのが好きになってきたので

この夏4の「MY図鑑制作」をしたいところ。

 

今回は「夏にぴったりの絵本」を5冊紹介しました。

夏は絵本選びも吟味して・・・。

親子でこの夏一緒に楽しみましょう!

★応援よろしくお願いします★

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

★Instagram★

気軽にフォローしてください

https://www.instagram.com/p/BzKKofLBbHu/

▶︎2歳差育児.COM子供が2人になると何が大変?2歳差ってなんでしんどいの?☆今回は0歳と2歳のママ目線で「2歳差兄弟の何が大変か」をまとめてみました。☆詳しくはブログに載せています。よろしければご覧ください^_^「2歳差育児.com」検索ワード▶︎「2歳差 デメリット」................... ................ ................ ................#2歳差#育児ブログ 始めました。体験談を中心にまとめているのでリアルなママのエピソード盛りだくさんです。2歳差育児ママに役立つコンテンツや情報満載!もちろん#育児 ママさんや#プレママ さんにもお勧め。ぜひご覧ください☆▶︎2歳差育児.COMhttp://www.nisaisa-ikuzi.comインスタトップから飛べます................ ................ ................ ................#広島市#2歳#育児#育児ブログ#育児ブロガー #ブロガー #広島ママ#満点ママ#子育て#子育て中#整理整頓#イクちゃん#休日#子供#育児に悩む #育児疲れ#産後#産後1ヶ月#2歳差育児#2歳差育児奮闘中#ベビーカー#エアバギー#コンビ#メチャカル#歩かない#イヤイヤ期#ママ#お母さん

 

2歳差育児って大変?
2歳差育児って地獄?
ネットで情報を調べても、
リアルな体験や情報って手に入らなくないですか?

私は
こたろ(2歳)と
ちーこ(0歳)の2児の母です。

リアルな2歳差育児の実態と
自分なりに模索した育児のコツを覚書として、
そしてこれから2歳差育児を
していくプレママたちの助けになればと思い
ブログを始めることにしました。
よければお付き合いください!

※あくまでもこれは私なりの育児法です。
※不快に思われた方はスルーでお願いいたします(^^)