2歳差育児.COM

2歳差育児の情報と体験談。広島の育児情報も紹介します!

【2人目を妊娠】私を救ったママ友の存在

f:id:nisaisa-ikuzi:20190518194045j:image

2歳差育児の最初の難関。

それは「2人目を妊娠中、上の子はまだ未就園児」。

 

妊娠中につわりがあっても上の子のお世話は必要

「妊娠期間に不安を感じてしまう」

そんな2歳差育児プレママさんも多いのではないでしょうか。

(実際、私は不安でしょうがなかったです)

 

今回は2人目を妊娠中、

助けてくれたママ友とのエピソードを紹介します。

 ★目次★

 

①仲良しのママ友たち

 仲良しのママ友は全部で4人です。

★関連記事★

www.nisaisa-ikuzi.com

 2019年5月現在、 

こたろと同じ学年、そして1つ上の学年の
男の子ママたちと仲良くしています。
 

オープンスペースに行ったり、

ママ友の自宅を行き来したり。

毎日を楽しく過ごしていました。

 

そんな中私は第2子ちーこを妊娠。

2人目の妊娠をみんな喜んでくれました。


②妊娠後期まで続いたつわり

妊娠期間につわりのあるママは多いですよね。

私もその中のひとり。
私の場合は
 
「食べたら気持ち悪い」
「食べなくても気持ち悪い」
「吐きたくても吐けない」
 
食べつわりでした。
 
第1子こたろのときは安定期に入るまで続いたつわり。
第2子ちーこのときは何と出産日まで続きました
 

③頼りになったのは夫よりママ友

いつもお世話になっているママ友ですが、
つわり期間は特に助けてもらったように思います
具体的には、
  • 上の子の面倒をみてくれた
  • 買い物を代わりにするよと声をかけてくれた
  • 気遣いラインをたくさんくれた

実際に色々頼んだことは少なかったのですが、

「気にかけてくれる人がいる」という事実は
すごいパワーを私にくれました。
 
夫は平日深夜まで帰ってこないので
実質平日はワンオペ育児
 つわりは出産まであったので
本当に毎日きつかったです。
 
でもママ友がいてくれて、
私の妊娠期間はきついものではあっても
辛いものではありませんでした
 実際に会わなくても電話したり、
ラインしたり。
 妊娠後期には
ベビーシャワーもしてくれました。
(寄せ書きや写真のアルバムもくれた!)
2人目を妊娠して改めて
ママ友の存在のありがさに気づいた私。

誰かママ友が私と同じように

2人目を妊娠したら。

全力でサポートしたい。

心からそう思います。

プレママのときは

怖いイメージしかなかった「ママ友」。

今では私の強力な味方です!!

 
★Instagram★
気軽にフォローしてください