2歳差育児.COM

2歳差育児のヒント、ココにあります。

【ママ友が欲しい】顔見知りママを仲良しママにランクアップする方法

子供とお出かけをしていると知り合いママさんは増えてきた。でも一緒に遊ぶ約束をするほどの仲じゃない。定番のお友達が欲しいなぁ。

子供が大きくなるとそう考えるママさんって多いはず。私も上の子が1歳3ヶ月ごろからは「仲良しのママがいたらいいのにな」「寂しいな」そんな風に考えるようになりました。そこで今回は、顔見知り程度のママさんを仲良しのママへワンアップするための方法を紹介!独自の方法ですが、コレをすることで私は1人の親友、そして仲良しのママ友が3人できました。ママ友づくりに悩んでいるママさんの参考になれば幸いです!

 

f:id:nisaisa-ikuzi:20200120065227j:plain

顔見知りママと「仲良し」ママの違い

 

子供の遊び場に行けば必ず出会える育児中のママ。知り合いのママが増えれば自然と挨拶し、簡単な会話をするようになります。

 

「もう歩けるようになったんですね!離乳食最近は進んでいます?」など。子供に関する軽い話題を話し合えるほどの仲になるまでは簡単でした。

でも知り合いのママはあくまで「顔を知っている」程度の仲です。その場所に行かないと出会えない。今日遊び場に行ってもその知り合いのママに会えない可能性もあるんですよね。

昨日は子供が熱を出して夜中が大変だった。吐き戻しを拭いたり寝れなかったり…。この愚痴…。今日誰かに話したい!

 

そんな日が増えてきました。顔見知りじゃ物足りない!仲良しのなんでもいつでも話せる友達が欲しいー!

 

そう思うようになったんです。

 

顔見知りママ

連絡先を知らない。なんならママさんの名前すら知らない。いつ会えるか分からない。会った時に話す内容は子供の成長に関する話題が多く、プライベートな会話は少ない。

仲良しママ友

連絡先を知っているので愚痴をすぐびラインできるし電話も可能。会いたい時は約束して会える。話せる内容はプライベートが中心。

顔見知りママを仲良しママにする方法

当時の私は顔見知りママは20人ほどいました。

が、顔見知りママだけでは物足りない!仲良しのママ友を探そうと努力することにしました。その中で効果があったものをまとめてみましょう

 

 

プライベートな話をする

これは本当に絶対不可欠。仲良くなろうと思ったらまずは自己開示が必要だと感じました。学生の頃の仲良し友達とか思い浮かべても、自分の事めっちゃ話しますよね。かといってただの顔見知りママに急に個人情報満々な話をすると引かれてしまうので、話題は選んだ方がいいです。

仲良くなりやすい盛り上がれる話題

①出産の時の大変だったエピソード

②夫に関するクスッと笑える話(子供に相手にしてもらえないんだよーとか)

③自分の出身地に関する幼少期のエピソード

避けた方が良い話題

①育児でイライラしてしまうなどネガティブばかりのエピソード

②夫がムカつく、嫌いなどネガティブなエピソード

③他のママさんの悪口・不満話

 

「それスゴイですね」「確かにー笑えますね!」とか、ポジティブな反応が期待できる話題をチョイスすると盛り上がれました。逆に「よくここのオープンスペースに来るあのママさん、いつも派手ですよね」「夫のオムツ替えが遅くて本当に腹立つ」などネガティブな印象を与えるエピソードは絶対避けた方がいい。誰だってそんな負の話題聞きたくないですからね。ただの顔見知りの人から。

「これが嫌だった」という愚痴不満話は話すにしても本当に仲良くなってからの方が良いと感じました。実際、他のママさんの悪口や自慢話が多いママさんは嫌われていました。

 

ただしプライベート話は自分ばかりしているだけでは意味なし。相手も便乗して「私の夫は…」と個人的な話をしてくれるかが重要。「そうなんですかぁー」と相づちしか打ってくれない場合は仲良しママになれる可能性は極めて少なかったです。

POINT

①個人的な話をして相手の反応を見る

②エピソードはポジティブな内容で

③相手もプライベートな話をしてくれたら仲良くれる可能性大

お茶かランチに誘う

プライベート話を自分だけでなく相手もしてくれたら次の関係にステップアップ!グッと距離を縮まてくれるのはお茶かランチ。「子連れで一緒にどうですか?」と誘いました!

誘いやすかった場面

①遊び場で一緒に会話をして、そろそろお昼の時間の時

②オープンスペースが閉まり間際、一緒に出るタイミング

③子供がお昼寝する時間帯が同じだとわかった時

ママなので自然と一緒にいる時間はお昼です。特にお茶するはハードルが低いので小心者のママさんにはお勧めの誘い文句です。もちろん公園で一緒に遊ぶのもアリです!とにかく遊び場ではなくどこか他の空間で一緒に活動することが大事。一気に距離が縮まります!

次の約束をとりつける

一緒に遊んでみてやっぱり面白かった!話も弾むし楽しい。また会いたいな。

 

そう思ったら「次は〇〇公園行ってみませんか?」 「△△オープンスペース一緒に行きませんか?」とその場で誘います。

 

相手の反応もしっかりチェック。「最近お昼寝時間が予想できなくて」「今週は予防摂取が…」と言われたら諦める!「そうですね、また機会があれば会いましょう」と社交辞令だけキッチリ言ってさようならします。

 

ただ一旦誘いを断られても「じゃあ〇〇日なら・・・」と代替案を相手から出してくれたら仲良くなれる可能性ありです。

 

次に繋げられたらもうあとは会いまくるだけ。悩みや話題は「子ども」で同じなのですから、普通の友達よりも仲良くなるスピードは速いですよ!

POINT

①一緒に遊んだその日に次回の約束をする

②誘った時の相手の反応はしっかりチェック

③断られても代替案を出してくれるなら脈アリ

(まとめ)無理して付き合うことはない

ここまで色々説明してきましたが・・・。この手順を経て仲良くなったのは20人中4人です。 これが多いか少ないかは人によると思いますが、今のところ私は4人で十分毎日が充実しているのでこれ以上は必要に感じていません。

 

逆に言えば、20人も知り合ったのに仲良くなったのはたったの4人です。それほど気が合うって難しい。子どもに対する価値観って人それぞれ。一緒にいるうちに合わないなぁと違和感が出てしまうこともよくあります。

ドライだと思われてしまうかもしれませんが、人付き合いにも断捨離は必要だと個人的に思います。子育ては忙しい。家事も忙しい。だから気が合わないと少しでも思えば無理して付き合う必要なんてないんです。背伸びしている自分に気が付いた時点で関係は終了。「仲良くなれそう!」と思ったママとの時間に重きを置いています。 

こんな記事もあります

\check/