2歳差育児.COM

2歳差育児のヒント、ココにあります。

サイトリニューアル中

2歳差育児、時間ない。お義母さんに頼ることにした結果は?


「義母と仲が悪くない。良くもない」

「義母に育児を手伝ってもらうか悩む」

そんなママさんに提案したい義母を味方に作戦!

2歳差育児になってから外出が大変!特に病院関係や上の子の園行事はいつも困ります。そこで今まで何となく疎遠だったお義母さんに協力要請!

これが大正解!私は義母に付き添ってもらうことで何回も救われました。

今回は2歳差育児をしている私が義母に助けてもらったエピソードを紹介。2歳差育児のママさん。育児疲れのママさん。ぜひ読んでみてくださいね。

協力をお願いしたきっかけ

 

2歳差育児。子どもが2人になるととにかく忙しい!外出する用事も2倍に増え、誰か付き添いを頼まないとしんどくなったのです。

お義母さんに頼ることになった理由

  1. 0歳児、2歳児との外出が肉体的に大変だった
  2. 下の子関係の用事が続いた(予防接種・検診)
  3. 上の子をプレ幼稚園に通わせたことで上の子の用事も増えた

0歳児はベビーカーか抱っこ紐が手放せない。授乳間隔も短いです。そのため2人を連れて外出するのが大変でした。

実の母は遠方にいるため、頼るなら義母しかいない状況。「来週〇〇日予定あいていませんか?!」と緊急で要請をするようになりました。

義理とかなんとか言ってられない!猫の手も借りたいくらいだったのです。

こんな場面で助けてもらいました

「子ども2人を連れて外出しなくてはならない用事」

 をまとめてみました。

子ども2人を連れて外出する用事

  • 病院関係(上の子の歯医者や私の婦人科系通院など)
  • 役所での手続き関係
  • 銀行まわり
  • 上の子の参観日、発表会
  • 上の子の懇談日
  • 下の子の検診
  • 下の子の予防接種

つまりは

    1. 自分自身の病院や手続き関係
    2. 上の子の用事
    3. 下の子の用事

のどれかになることが多かったです。

予防接種の付き添い

特に0歳児の予防接種は頻繁にあります!

0歳児の予防接種

  • 1歳になるまで毎月のように続く
  • 2時から3時までなど時間の制約がある小児科が多い

上の子の機嫌に合わせて来院は大変!必ずその時間帯に行かなければなりません

誰かに付き添ってもらわないと辛い。それは目に見えていました。

悪天候の日も助かりました

他にもぜひ義母に付き添いをお願いしたいのはこんな日の時です。

子供2人を連れての外出辛い場面

  • 私の体調がわるい、寝不足
  • 悪天候
  • 上の子のぐずりが激しい日

義母に来てもらってかなり助かりました!

私が夜間授乳で寝不足だったり、お腹が痛かったり、、、。体調が優れないときに2歳と0歳を連れて出歩くのは至難の業。

雨や雪も辛いです。傘や着替えなど荷物倍増。荷物だけでも重いです。

断言します。

大人1人と2人じゃ全然違いますよ!

「ママじゃないもう一人別の大人がいる」ということで上の子の意識がママに集中せず楽でした。おばあちゃんに懐くきっかけにもなりますね。懐きだすとさらに義母に応援要請を頼みやすくなりました。

義母と良い関係を築くために

f:id:nisaisa-ikuzi:20190524120803j:image

してもらうからには、普段から良好な関係を築くようにしています。

義母と関係を保つためにしていること

  1. 家族イベントには積極的に呼ぶ
  2. お義母さんの誕生日会を主催
  3. 定期的に子供の作品を郵便で送る
  4. ラインで動画や写真を送る
  5. たまに泊りに行く

下の子を出産してから不思議と「気を使って話さなきゃいけない相手」じゃなくなりました。

たぶん助けてもらわないと自分が辛くなることが目に見えてきたからだと思います。ほんと勝手ですよね。笑

でも義母は義母で孫と会えるし、私は私で助けてもらえる。

まさにウィンウィンの関係?!

家族イベントはクリスマスや子供の誕生日会。お母さん主役イベントは還暦や誕生日。なるべく普段から義母と接していれば気を使わない関係になりやすいと気づきました。

2歳差育児、外出が辛い場面が必ずあります。そんな時に助けてもらう候補に義母の存在。本当に今では心強い存在です。ありがたく思っています!

自分の母親は遠くに住んでいる。誰も周りに手伝ってくれる人がいない。そんなママさん、「義母を味方」にするのもひとつの手ですよ!