育児・子育て

【タイヤがパンク】3輪ベビーカーのタイヤ修理は自転車屋が正解です

f:id:nisaisa-ikuzi:20200321063602j:plain

こんにちは、2歳差育児ママのYOIKOです!

今回は3輪ベビーカーのタイヤがパンクし、自転車屋で修理した体験談を紹介!

結論から申し上げますと

  1. 修理するなら自転車屋に行くしかない
  2. 修理費用は1,000円くらい
  3. 20分くらいですぐ直せます

こんな感じです。今パンクしてる!3輪ベビーカーがパンクしたらどう修理するの?直せるの?そんなママパパ必見です。

タイヤのパンクを直す方法

f:id:nisaisa-ikuzi:20200321063553j:plain

「あれ?タイヤがおかしい」そう思い始めたのは、ベビーカーが押しにくい・重いと感じたからです。

  1. 1年半毎日使い続けた
  2. 1日に4時間ほど使用
  3. 土日もガンガン使う
  4. 荷物も必ずのせる(カゴ・フック)
  5. 3歳の上の子をのせることも

ほぼ毎日使い続けていたので、とうとうガタがきてしまいました!上の子のプレ幼稚園が始まって「ベビーカーにのせる荷物が増えた」というのもパンクの原因になったように感じます。

調べてみるとベビーカーのタイヤを直すには、方法が以下の通り色々あるようです。

ベビーカーのタイヤを直す方法

  1. 直営店に持って行き直す
  2. 直営店にタイヤを送り直してもらう
  3. 自転車屋に直してもらう
  4. コールセンターに電話しそれに従う
  5. 部品を取り寄せ自分で直す

直営店だの、メーカーに電話だの、やってられますか?ベビーカーのタイヤってすぐ直して貰わないと、普段使いの私にとっては死活問題。

「今すぐにでも直して!」という焦りがありました。

そこで選択肢はただ一つ。

近所の自転車屋さんに行くことにしました

自転車屋さんで修理できました

f:id:nisaisa-ikuzi:20200321063650j:plain

取り扱い説明書を持参

行った先はショッピングセンターの中に入っている自転車屋さんです。

ベビーカーによってタイヤの取り外し方が違うようです。自転車屋さんによると、「大体のベビーカーはタイヤにボタンがあり、それをいじればはずせる」のだそう。

が、我が家のjoieにはタイヤにボタンなんてありません。説明書によるとストッパーの所にボタンがあるということでした。念のため説明書も持参

f:id:nisaisa-ikuzi:20200321063642j:plain

さすがプロ、瞬時に理解してくれました!

修理時間と費用

タイヤ1つ分だけ、タイヤのパンク穴は1つだけ。

修理の所要時間としては20分で終わりました。

費用は1,000円でした。

自転車屋さんによると、パンク1つ分だと

  1. 30分もあれば修理できる
  2. 費用は多く見積もって2,000円くらい

だそうです。

注意点

 ※すべての自転車屋さんが直せるわけではありません。

実は今回修理してもらった自転車屋さんの前に、自宅付近の地元自転車屋さんに伺っていました。

が、ものすごくネガティブな対応…

口コミ情報で調べてみると、

  1. ベビーカー修理を請け負っている自転車屋
  2. ベビーカー修理を請け負っていない自転車屋

2タイプがあるようです。

確かに自転車屋さんなんだから自転車が専門ですもんね。ベビーカーは修理対象外なことがあるんですね、、、。

パンクすると結構ママとしては慌てることになるので、普段から「どこの最寄り自転車屋がベビーカー修理を受けてくれるか」事前リサーチしておくと安心ですよ。

パンクを減らすには?

f:id:nisaisa-ikuzi:20200321063633j:plain

月に1度は空気入れをする

せっかくなので自転車屋さんに「どうすればパンクが減りますか?」と聞いてみました。そのスタッフさんによると、パンクの第1位の原因は「空気入れをしていない」。とのこと…。私じゃん。

自転車やバイクなどと同じでベビーカーもメンテナンスが必要。

目安は月に1度の空気入れ。

当たり前ではありますが、ついつい怠慢になっていました。チューブを劣化させないためにも空気入れが大事とのことでした。

今回学んだこと

2歳差育児で毎日抱っこ紐を利用している私。だから抱っこ紐を持ち歩かない日なんてないのですが、今回改めて「使わないかな?という日でも抱っこ紐は持ち歩いた方が良い!」と思いました。

パンクして急にベビーカーが使用できなくなったら

  1. 荷物・赤ちゃんで途方に暮れる
  2. オロオロする
  3. タクシーつかまえる

出費がかさむ危険性が!!!!

ベビーカーを使うママは全部両手で何とかしないといけないですからね…。何かある時のために、ベビーカーの下カゴには抱っこ紐常備が安心だと痛感しました。

それにパンクは、月に1回の空気入れでほぼ回避できます!

今回は3輪ベビーカーのパンク修理について紹介しました。ベビーカーユーザーのママパパの参考になれば幸いです!