育児・子育て

なぜ叩く?上の子が下の子を叩く原因と辞めさせる方法

f:id:nisaisa-ikuzi:20200216084020j:plain

2歳差育児を始めて半年経過。

上の子の赤ちゃんがえりは続き…上の子が下の子を叩くのに困っています

下の子が0歳児の内は本当に危険!下手したらケガだってしかねません。

そこで私なりに上の子に叩くのを辞めさせるよう工夫しました。

2~3ヶ月はかかりましたが、【結果】叩かなくなりました!成功!

今回は「なぜ下の子を叩くのか?」

「どうしたら辞めるのか

原因と対策法をまとめてみました。

上の子にどう躾したらいいのか悩むママさん。もし良かったら参考にしてみてください。

※パターン別に対処法をまとめました。気になる箇所だけ読んで頂けると幸いです♪

なぜ叩くようになったのか

f:id:nisaisa-ikuzi:20190825150420j:plain

下の子を叩く原因

まず叩かせないようにするには原因を探る必要があると考えた私。

上の子に聞いてみても「分からない」の一点張りだったので、私なりに考えてみました。原因はこちらです!

上の子が下の子を叩く理由

  1. かまってもらえない苛立ちのため
  2. ママの気を引くため
  3. 戦闘ごっこの延長
  4. 実は下の子が先に手を出した

赤ちゃん返りの一種として叩く。これは2歳差育児で一番よくある話かもしれません。

2歳4カ月差でお兄ちゃんになった上の子。下の子が産まれてから「ぐずる・泣く・甘える」の赤ちゃん返りが発生しました。我が家の場合は「下の子を叩く」原因がコレの可能性が高い。

ただ叩く強さの程度がひどくなると下の子のケガに関わります。月齢が低すぎると命にかかわることも。親としては絶対に見逃せないですね。

親がすべき対応

我が家の場合は「上の子の赤ちゃん返り」が原因で下の子を叩くようになった。

 

急にお兄ちゃんになったんだもん、そりゃそうだよね…。ママの気を引きたいよね…。イライラもするよね…。かと言って放っておけません!

上の子が下の子を叩く時、親はどう行動したら良いんだろう?

選択肢としては

  1. 諭す
  2. 怒る
  3. 叱る
  4. された側の気持ちを考えさせる

こんな所かと思います。

「諭す」「気持ちを考えさせる」は論理的な思考に至っていない子どもには難しい話かも。けど上の子が何歳であっても本人が理解するまで根気強く親が続けていくしかないのかなと思いました。

 

けどTPOに合わせます

でも叩く原因って様々ですよね。私は先ほど「赤ちゃん返りが原因で下の子を叩くようになった」と言いましたが、もちろん毎回同じ原因ではありません。

そこで私は

「叩いた原因」に合わせて叱り方を変えるようにしています。

でもこれスゴイ難しいんですよね。「この叱り方であっていたんだろうか」といつも考えさせられます。「少しでも参考になれば良いな」という気持ちで、叩く原因別に私が取った行動パターンをまとめてみました!

上の子が叩くのを辞めさせる方法

f:id:nisaisa-ikuzi:20190825151156j:plain

パターンその1

 原因:かまって欲しい

下の子が産まれたことによって寂しくなった上の子。親からしたら平等に愛していますが、どうしても下の子のオムツ替えや授乳がある!ママと触れ合う頻度に開きが出てしまいます。

上の子「ママ~絵本読んで~遊んで~」

ママ 「今授乳してるから後でー」

上の子「イヤだ、今が良い!!」

ママ 「そんなこと言ったって仕方ないでしょ」

上の子「うわーん!(下の子を叩く)」

これ2人目出産後に何回かありました。冷静に考えれば「そりゃ苛立って叩きたくもなるよね」と思います。

今まで自分が一番にされて育ったのに後回しになるんですから。

そこで対策として次のことを実践しています。

対策①:まずは「いいよ!」

下の子のお世話をしている時の「ママ~」。これに対して私はまず第一声に「いいよ!」というようにしています。

「授乳してるから後でね」と言われるよりも「いいよやろう!授乳終わってからでもいい?」の方が感じよく聞こえませんか?

言い回しを少し変えただけの話なんですよね。

でもうちの子には効果絶大でした!ネガティブな言葉を入れずに返事をする。ただこれだけで上の子の機嫌が悪くなりにくくなりました。

対策②:たくさんハグする

「ママにかまって欲しい」ということは、上の子は「もっとママと触れ合いたい」と思っているということ。

だから「寂しいのかな?」と思った日はたくさん上の子をハグします!

特に効果があったのは「ママ大好きして~」と子どもにお願いをすること。「ママ大好きして欲しい~おねが~い!」にニヤニヤしない子どもはいないんじゃないでしょうか?

我が家では効果絶大ですよ!

上の子の機嫌が良くなります。

上の子機嫌良し=下の子叩かない

パターンその2

f:id:nisaisa-ikuzi:20190825150837j:plain

 原因:戦闘ごっこの延長

 

上の子は男の子の我が家。

最近は仮面ライダーやウルトラマンが大好きになりました。

その影響で家ではいつも戦いごっこ。

上の子が仮面ライダー!下の子が悪役!

という大迷惑な設定が組まれるのです。パンチしたり、キックしたり。(軽くではあるけれど。)0歳の娘は大泣きです。

対策:とことん叱る・諭す

もうこれは叱って諭すしかない。「パンチされていいのは本当に悪い人だけ!〇〇ちゃん(下の子)は悪い人じゃないからパンチのフリだけにして!」と言い聞かせています。

「パンチするな!」と言っても戦闘ごっこしたい男の子には不憫な話…。

遊びたい気持ちはわかるので、「パンチ・キックの振りなら良いよ」としています。代替案を出すことで上の子はパンチ・キックなど下の子に手を出さないようになりました。振りだけにしています。

完全に「禁止!」にするより妥協案。

子どもに納得させることでうまく行きました。

パターンその3

f:id:nisaisa-ikuzi:20190825150937j:plain

 一番やっかいなパターンはこれ。

原因:下の子が先に叩いた

0歳児って意外と動きが激しい。だから手足を動かしててパンチ!キック!にたまたまなることもありますよね。

それを見事にくらってしまい上の子がその報復に叩く…。

でも親は下の子が叩かれた「うわーん!」で気が付き「なんで叩いたの?!」と怒る…。不憫に親に叱られる。幼少期にそんな経験した人たくさんいるんじゃないでしょうか。

対策:叩いた理由を言わせる

私は基本的に「どうして叩いたの?」と聞いて本人が言うまで待ちます。まだ幼稚園にも行っていない子どもには酷かもしれませんが、私は待ちます。

気を付けているのは「どうしてなの?!」と攻めた口調で言わないこと。

「なんで叩こうと思ったの?」とあえて優しい、子供が話しやすい雰囲気を作るようにしています。そうすることで子どもは自分で「なぜか」を考えますし、自分の行動の整理ができるかなと。

それに不憫に(無駄に)叱りたくありません。

なるべく「誤認叱り」を回避すべく必ず理由は問うようにしています。「〇〇ちゃん(下の子)が叩いたから」と言われれば、「絶対ウソじゃん、ママ最初から見てたし」じゃない限りは我が子を信じます。

「そうかーそりゃいけんかったね、でも赤ちゃんだから許してあげてね。〇〇(上の子)も叩かないんよ」と下の子の悪さも認めた上で諭しています。

3カ月後、全く叩かなくなりました

f:id:nisaisa-ikuzi:20190824091818j:plain

私の対処法が果たして良いかどうか全然分かりません。けれど結果として上の子は下の子を叩かなくなりました。本当に。

そういう意味ではやり方は合っていたのかも?

難しいのはママ自身の怒りのコントロール法。

  1. 怒る感情の爆発
  2. 叱る相手を良くするためのアドバイス

怒るは感情的・主観的ですが、叱るは冷静に落ち着いて諭す行為…。

これが難しい~!

上の子が下の子を叩いた時に感情的にならず落ち着いて叱るようにしたいものです。

今回は私個人の「上の子が下の子を叩いた時の対処法」でした。これが正解とは思っていませんが上の子は下の子を叩かなくなったので一応効果はあったのかなと思います。

子どもの性格や気性によってかなり個人差が出てくるはずなので「そーなのかー」とゆる~い参考程度にしていただけたら幸いです!