ライフスタイル

【初めての習い事】0歳児とルネサンスのベビースイミング体験に行った感想

f:id:nisaisa-ikuzi:20200223083022j:plain

子どもの習い事ランキングで常に上位!のスイミング。

初めての習い事として気になる~!!そこで・・・

下の子(0歳児)と一緒に「ルネサンス」のベビースイミングの体験へ行ってきました!

全国的に規模を広げているスポーツジムのルネサンス。

「ベビースイミングが気になる」「どんなレッスン内容なの?」というママさんの参考になれば幸いです。

ルネサンスのベビースイミング

大手スポーツクラブのルネサンス。ここではベビースイミングの体験ができます。

費用は無料!!

>>>ルネサンスのスイミングスクール

公式サイトはコチラです。

気軽に参加できるのは嬉しいです!ベビースイミングの目的としては

  • ママの産後ダイエット
  • ママ友作り
  • 赤ちゃんの体力づくり
  • お昼寝の質をよくするため

など人それぞれ違うと思います。私的に一番嬉しいのは「お昼寝の質向上」。レッスン後はぐっすり寝てくれること間違いなし。

予約方法と持ち物

 予約方法は 2つです。

  1. 電話
  2. WEB

どちらかです。私は電話で予約の申込をしました。電話応対もハキハキとして感じがよく、すぐに担当のコーチから折り返し電話がありました。ここで持ち物を教えてもらえます。

ベビースイミングの持ち物

  1. 子どもとママの水着
  2. 子どもとママのキャップ
  3. 子どもの水遊び用オムツ
  4. 体を拭くタオル

メイク落としやメイク用品など必要だと思うものは別途揃えておきましょう。ちなみにママのゴーグルは任意と言われました。

実際参加すれば分かりますが、確かにゴーグルはいらないかも。常に赤ちゃんを持ったまま泳ぐので、ママが顔を水に浸けるという瞬間ゼロでした!

なんならママはメイクしたまま参加できるレベルです。実際うっすらメイクしたままの方もいました。水遊び用のオムツは忘れてしまってもスポーツジムの店頭で販売しています。うっかりさんも安心だと思います!

ベビースイミング体験レポート

f:id:nisaisa-ikuzi:20200223083209j:plain

事前アンケートに記入

店舗に着くと最初に簡単なアンケートに記入します。

「ベビースイミングの目的は?」「当ジムを選んで頂いた理由は?」などなど。

開始時間の15分前にロッカールームに案内してもらいました。

お着換え

ロッカールームはこんな感じでした。

f:id:nisaisa-ikuzi:20190712160922j:image

動物の絵が描かれていてキュート!ここは鍵なしのロッカーで、別に鍵付きのロッカーが端の方にありました。

 

赤ちゃんはマットを敷いた上でお着換えです。

サイズは一般的なオムツ台程でした!

 

f:id:nisaisa-ikuzi:20190712160930j:image

柔らかなシリコン素材なので置いても泣いている赤ちゃんはいませんでした。

 

f:id:nisaisa-ikuzi:20190712160910j:image

簡単なふれあい遊び

プールサイドに移動すると、コーチが話しかけてくれました。

先ほどのお着換えマットの大きいバージョンが敷き詰めてあり、その上でふれあい遊びをします。

こちょこちょしたり、円を描くように足を動かしたり。どうやら赤ちゃんの準備運動のようです。

ここでコーチが体験者の紹介を皆にしてくれました。この日は私を含め体験親子が2組。

 水慣れ

足だけを水に浸けバタバタ。足から頭にかけて少しづつ水を赤ちゃんにかけていきます。初めて水遊びをした私の娘でしたが、泣くことなく貫録のある表情。

「初っ端からワンワン泣いたらどうしよう」と思っていたので良い感じのスタートです。先生も「泣いていないですか?」「大丈夫ですか?」と声をかけてくれるので安心でした~!

スイミング本番

音楽が常にかかっていました。

  1. かもめのすいへいさん
  2. どんぐりころころ
  3. メリーさんの羊

など可愛らしい音楽に合わせて泳ぎます。赤ちゃんには腕に浮き輪をつけているので少々激しい動きでも沈むことはありません。ママがジャンプしたり周ったり。ポカンとした顔の赤ちゃんが多くてなんだか笑えました。ほのぼの…。

自由時間

最後の10分は自由時間。

コーチがおもちゃを出してくれるのでそれをもってプールで遊んでもOK、

今日やった動きをプールで赤ちゃんと楽しんでもOK。

ママの好きなことをして過ごします。

クロージング

浮き輪を返却し、各自シャワーを浴びます。

持参してきたタオルで赤ちゃんをふきふき。プールサイドは暖かい温度に設定してあるのでプールから出た瞬間寒い!というのはないです。これはありがたい!!

お着換え・解散

ロッカールームに戻り着替えます。ここは夏はクーラーを効かせてあり一気に寒気が!

体が濡れているのでかなり寒く感じます。赤ちゃんが風邪をひかないようにどのママさんも自分より先に赤ちゃんに服を着せていました。

スピードが命!という感じです!赤ちゃんもママも着やすい洋服を準備した方が良いと思います。

「お先に失礼します~」とママさん達解散。

 

外には簡単なドライヤー。子ども用ですね。

f:id:nisaisa-ikuzi:20190712161002j:image

体験者は最後に感想を書いて終了です。

行ってみた感想

f:id:nisaisa-ikuzi:20200202122426j:plain

クラスの雰囲気が合えば楽しい!ママ友ができるなら最高に楽しい!ただ条件によっては合わないママも多い。そんな印象でした!

参加者は1歳のママ多し

赤ちゃんは1歳くらいの子が一番多い印象です。実際にレッスンの内容も1歳くらいの子に合わせたようなものが多かったです。

「赤ちゃんをプールサイドに座らせて…」

おすわりできる赤ちゃん

「足をバタバタしてみましょう」

1歳くらいからでないとできない動き?

クラスの雰囲気は運

クラスによるのだと思いますが、私が参加したクラスはまだ皆さんよそよそしく、「初心者さんばかりなのかな?」という印象でした。

「ママ友が欲しい!」と思って参加してみても、意外とあっさり帰っていくようなら、ママ友作りが難しいかもしれません。ここばかりは運ですね。

仲良くなれそうなママがいればレッスンが楽しくなりそう!

ルネサンス主催のイベントが楽しそう

私が体験した店舗では、ルネサンス主催のイベントが用意されていました!内容は「お昼寝アート」「水遊び」など。レッスンの序盤にコーチが説明してくれました。冬はクリスマス会もあるようです。

イベントに参加すれば自然にママ友が作りやすそう!いいサービスですよね。

赤ちゃん設備があって良かった

オムツ台と授乳室がありました。中から鍵を変えるタイプ。

授乳室がない店舗の場合はケープを持参していくしかないです。

 

f:id:nisaisa-ikuzi:20190712161014j:image

こんな人に向いてます

実際に参加してみて、「こんなママに向いている」と思いました。

ルネサンスベビースイミング向きのママ

  1. 赤ちゃんの体づくりがしたい
  2. 育児の気分転換がしたい
  3. ジムと自宅が近い
  4. メイクはそこそこで帰っても良い

いつもとは違う赤ちゃんとの時間だったので、かなり気分転換になりました。

水に入ったというだけでママも程よく疲れます。帰ってクタクタの赤ちゃんと一緒にお昼寝。いつもより赤ちゃんも疲れるので、2人でぐっすりお昼寝できました。

スイミング後は水に塗れた水着やタオル…荷物が行く時より重たくなるのでジムと自宅が近いママの方が楽だと思います。

ちなみに・・・

私が利用した店舗にはメイクルームがありませんでした。赤ちゃんと一緒に行く以上、メイクする時間はそもそもないので「メイクは簡単、むしろしなくても良いか」くらいのママに向いているかもしれません。

こんな人には向いてないです

 逆にこんな人には向いてないだろうな~と思いました。

ルネサンスベビースイミング不向きのママ

  1. 産後ダイエットを本格的にしたい
  2. 絶対にママ友が欲しい
  3. ジムと自宅が極端に遠い

産後ダイエットを本格的にしたいなら難しいかも。赤ちゃんと一緒に…なので、それほど疲れる運動量ではありません。

また先ほども記載した通り、参加ママの雰囲気はクラス次第。

仲良くなれそうなママがいるかもしれないし、いないかもしれません。

ママ友作りを第1目的にすることはおすすめしません。

(ただ先ほど記載したルネサンス主催のイベントに参加すれば、ママ友がつくりやすいかもしれないです!)

あと「授乳は人目のつかないところでしたい」 というママは、店舗に授乳室があるか事前に確認しておいた方が良いです。

全体的な印象としては、

設備もキレイでスタッフの対応も◎です!ベビースイミングが気になっているママさん、ぜひルネサンスのベビースイミングも候補に入れてみてください。 

水着は全身タイプが楽

 

みなさん上下セパレートタイプの水着が多かったように感じます。(我が家と同じくなぜかミキハウス率が異様に高かったです!)

1枚だけで着るタイプの水着だと確かに着替えさせにくい…

着替えさせるのはママなので断然オールインワンタイプがお勧めです。

塗れた状態(レッスン後)はなおさら。お着換えの楽さで考えるなら、ベビースイミング利用ならこっちが良さそう。