2人目の妊娠・出産

【出産~退院】2歳差育児。入院中の1週間こう過ごしました

f:id:nisaisa-ikuzi:20200229084618j:plain

「2歳差兄弟だと入院中はどんな風にして過ごすの?」

「上の子もいるから大変じゃない?」

結論から言って、超バタバタ!!!

上の子もいるし全然ゆっくりできない

1週間は怒涛のように過ぎていきました。

今回は「2歳差育児 出産から退院までの1週間の過ごし方」を振り返ってみました。

また「もっとこうしておけば良かった」という反省点も公開

これから2歳差の下の子を出産するというプレママさん!参考になれば幸いです。

出産日から振り返る

f:id:nisaisa-ikuzi:20200229084820j:plain

下の子が産まれたのは上の子が2歳の時。

我が家は2歳4カ月差の兄弟です。

まずは簡単に出産日当日から振り返ります。陣痛の始まりは夫がちょうど出社しようとしていた朝の8時。「これきっと陣痛きた!なんか痛い!」と病院にむかうことに。

私の母が2日前から我が家に泊まり込みしていたので、上の子は任せて夫と家を出ました。産院は立ち会い出産OK。分娩台で30分くらい経ってから上の子も分娩室に来ました。理想としては下の子が出てくるのを一緒に体感して欲しかったのですが・・・。

出産って命がけ。集中できなくてイライラ!

私に余裕がなく、「ママーっ」と無邪気にはしゃぐ上の子をすぐに退室させてしまいました。出産までは3時間半。11時半には無事下の子を出産というスピード安産でした

超バタバタの入院生活

入院は分娩日含め6日間でした。
第2子出産の場合は5日に短くすることも可能でしたが、「退院後は怒涛の日々が待っている」と予想していたのでなるべく現実逃避したくて…。
6日間入院しました^_^

「重いお腹から解放された」

「しばらく上の子のお世話もしなくていい」

「ようやくゆっくり出来る!」

そう思っていたのですが・・・。現実はそんなに甘くありませんでした。

 全然ゆっくりできません。

入院生活1週間を振り返る

 1週間を簡単にまとめてみました。

一気にいってみます!

入院1日目(分娩日)

面会時間は20時まで。家族全員が帰り、ようやく1人になりました。

しかし問題は夜!

後腹に苦しみました。

2人目の方が痛いと聞いていた噂どおり!
痛すぎて夜中ほぼ寝れませんでした。疲れが取れていないはずですが、出産ハイなのかそれほど翌日に響きませんでした。

 

入院2日目

早速ママ友2人がお祝いにかけつけてくれました。

上の子は友達に会えたからテンションアップ。

しかし恐ろしいアクシデント発生!

テンション上がりすぎて病院のテレビを壊してしまいました!
これには冷や汗。病院が幸い保険に加入していたので弁償にはなりませんでした。本当ごめんなさい。

 

入院3日目

別のママ友がお祝いに来てくれました。
またも2組来院です。

自分が呼んだとはいえ、全然ゆっくりできません。
上の子はお昼寝をすませた午後から来院。病院までおばあちゃんと歩いてきました。

 

入院4日〜5日目

晩ごはんは上の子と私の母と。個室の部屋で一緒に食べました。

だんだん私自身がホームシックに

毎日会っているはずの上の子が、なんだか遠い存在のように思えてしまいました。

 

 入院6日目(退院の日)

自分が希望したくせに念願になってしまった退院日。下の子に黄疸はなく無事退院を迎えました。ママと帰るとはしゃぐ上の子

病院から家まで徒歩5分なので皆で歩いて帰宅しました。
上の子と手を繋いで歩く幸せを噛み締めました!

入院生活を振り返って

f:id:nisaisa-ikuzi:20200229084628j:plain

やっておいて良かったこと

ここからは「やっておいて良かったこと」そして「もっとこうしておけば良かった」の反省点を振り返ります。

特に効いたのは出産前の事前準備!!まずは自分のため、ではなく上の子のための準備についてです。我が家は里帰り出産ではないものの、上の子と一緒に入院するという手段を取りませんでした。ゆえに入院中は母子分離。準備しておくことは上の子中心です。

準備しておいて良かったこと

  1. 出産予定日より何日か早くヘルプの母(おばあちゃん)を呼び寄せておく
  2. ママがいない不安に打ち勝つように予定日までにおばあちゃんとスキンシップして仲良くさせておく
  3. 日常の食事内容をおばあちゃんに伝えておく(嫌いなものや与えて欲しくないおやつなど)

自分向けに「しといて良かったこと」も載せておきます。

  1. しばらくできないであろう外食やスイーツブッフェに行っておく
  2. 上の子としっかりスキンシップを(もうママを独り占めできないもんね)

外食はゆっくり「1人で」食べたかったので、上の子がベビーカーでお昼寝している間にするのがポイント!

スイーツブッフェは母と2人で、これまた上の子がベビーカーで寝ている間に行きました。至福でした…。2人目産まれたらできません。

もっとこうしておけば良かったこと

 逆に気をつけておけば良かったという反省点は

  1. まさかのテレビ破壊。上の子がやらかさないか、常に気をつけて
  2. ママ友を呼びすぎたために休む時間がなかった
  3. 2組以上の親子が来ると個室がカオス状態

ママ友とその子供がたくさん来てくれて楽しかったけれど、全く日中に休めなかったのも事実。いくら個室とは言え騒ぎすぎたのも事実。

テレビ破壊は本当に焦った。

ただ上の子に関してはお友達に会えたのでハッピー!意識が私に集中しなかったのでしょう。来てくれている間ははしゃいで楽しそうでした。

そういう意味では友達が連日来てくれたのはありがたかったです。

もう一度ポイントを押さえます。

  1. 2歳差育児は上の子を入院中どうするか考えておく(うちは祖母任せ)
  2. 上の子が寂しくないようにお友達をと呼ぶのは正解だった
  3. ただ呼びすぎると自分が休めません

第2子の出産は上の子に気を遣う入院生活です。上の子にとってはいきなり登場した赤ちゃん。適度に自分の体を休ませながら上の子のメンタルフォローを積極的にすることが大切かなと思いました。

上の子、下の子どちらも違うパジャマで過ごした結果、前開きできるパジャマが一番楽だと思います。

理由は入院中から授乳回数も多いし、着替えるのが楽。分娩後、助産師さんがお着換えさしてくれる時も恥ずかしさが半減します笑。妊娠中~退院後もずっと使えるものがお勧めですよ。